電車と踏切をつかった知育

おすすめ知育

最近の息子くん(1歳7か月)は、電車と踏切に夢中・・・

英語?中国語?まったく興味をもちませーんww

DWE??ワールドワイドキッズ??全く振り向かない!!!!

困った~~~><

イヤイヤ期に突入したのか、YouTubeをつけろ、踏切チャンネルをみせろ(と言っているようなそぶり)と言い、

見たいチャンネルが来るまで「No!No!」「No!」ノーと言い続けます・・・

でも踏切チャンネルやふみっきーくんのチャンネルは、正直見せ続けたくない。。。

ふみっきーくんのようふくやさんがおひっこししちゃった!?

知育や語学にちょっとでもつなげたいのが親心。。。

きっと、息子くんのような電車大好き、踏切大好きっこは多いはず!!!

そして、親が与えようとしているわかりやすく知育に効果的そうな動画やDVDや絵本を拒絶している子も・・・きっといるはずだ!

そう思って、今回は「電車&踏切×知育」というテーマで何かできないだろうか?と考えてみたことを書いていきたいとおもいます!

電車好きな子は賢くなれる!

そもそも、電車大好きになってくれていることは、知育したい親にとっても好都合らしいです。

電車をとおして様々な車両の形を覚えられる!

路線名駅名といった大人でも混乱しそうなたくさんの情報を関連付けて記憶していく。

「電車の世界」は、「認知能力」を高めるのにとっても良いそうですよ。

というわけで、

これから電車&踏切×知育を意識して

どのようにこどもの認知能力を高めていくのかを共有していきたいと思います!

電車を通して知育するには、まずは図鑑が必須!!!


「電車好き」の子どもにおすすめ「JR私鉄全線 地図でよくわかる鉄道百科」


私はこちらをまず購入することにしました!

日本中の電車、路線がのってます。

フリガナもついているので、もう少し大きくなって言葉に興味がでてきても使えるように。

定番ですが、図鑑をもって図鑑にのっている実際の電車を見に行ってみたいと思います。

子供が興味をもったことをベースに、伸ばしていけたらなぁと思います。

残念ながら英語教材やしまじろうにさえも、(今の状態では)興味を示してくれず

DVDを見せようとすると「No!カンカン(踏切のこと)」「No! NO~~~~!」と絶叫されるので・・・

こうなったら、子供の興味のあること、好きなことを全力で取り入れてこどもを伸ばしていこう!という方針にしたいと思いました!!

ただ、電車と英語や中国語をからめるのは現状はハードルが高く模索中です。

教材がないなら、手作りするしかないかなぁ~

英語×電車や中国語×電車の手作り教材をつくるなら、

世界中の電車を調べて、カラーコピーしてラミネートし、電車カードを製作しようかなと思います。

ラミネーターがほしい!!!><

手作り教材のアイディアは、いつもピンタレストを参考にしています^^

100均の電車シールも活用して、電車のドッツカードを自作するのもやってみたいことです。

鉄道地図で地理感覚を養う

鉄道図鑑についている路線地図も、カラーコピーで拡大しつつポスターにして壁に貼りたいと思います。

ただ、コンビニのコピー機で印刷可能な紙のサイズはA3・A4・B4・B5までなので、最大A3の大きさまでになりますね。

A3以上の大きさのカラーコピーでポスターを自作したい場合はキンコースなどの専門業者さんに依頼してもよいかもしれません。

大人向けの鉄道地図は市販品たくさんあるけど

幼児向けの地図はあまり見当たらないのが残念です・・・

あいうえおやABCも全部電車にからめていく

電車や踏切にからめて、なんでも覚えてくれたら

これは作戦大成功ですよね!

現状息子の場合は絵本も電車ののっている絵本しか持ってこないし

私が「これどう?」と選んだ絵本は全く見向きもせず。

絵本は背中で聞いてるから、興味なさそうにみえても読んであげてねってくもんの先生に言われましたが・・・

息子の場合、一瞬でキッチンとか私の声の届かない場所へ逃げる・・・w

あいうえお表とかABCポスターとか、数字のポスターもこれから電車系に差し替えていく予定です。


好きなものを追求するのはいいこと!

最初、DWEを見てくれない息子に対して少し悲しく、なんでうちの子は見てくれないんだろう。。。と思ってしまいました。

でも、よく考えたらハマり症はいい傾向!

我が家のパパの幼少期も飛行機に夢中だったようです。

義父母はとにかく毎週のように空港に連れて行って、飛行機を見せていたそうです。

宿題を1度も提出したことがない、小学生だったようですが、その飛行機好きな男の子は今は旅客機のパイロット。

そんなケースが身近にあると、やっぱり息子が好きなものを全力で応援できる親でありたいなぁと思います。

これからも、電車好き、踏切好きな子供をどうやってうま~く伸ばしていってあげられるのかを真剣に考えて、

いいアイディアがあればこちらにシェアしていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました